家の安全のために|犯罪を未然に防ぐため警備会社に協力を要請しよう

犯罪を未然に防ぐため警備会社に協力を要請しよう

家の安全のために

ガードマン

家を施錠していても、いつ泥棒が入られるか分からない世の中です。人通りの少ないスペースが家の前にあったり、人通りがあってもどこか死角になっていたりする家は泥棒が入りやすい家とも言えます。公園は昼は人が多くても、夜には誰もいなくなるので、公園の周りの家も危険だと言えます。また、住民がいる時間帯と不在の時間帯が分かりやすいというのも泥棒に狙われやすいです。庭にセンサーライトをつけたり防犯カメラを置いたりするのもいいですが、警備会社と契約を結ぶのもおすすめです。警備会社というと、大きなビルや高級店が雇うというイメージですが、現在では一般家庭でも雇っていることも多くなっています。警備会社のステッカーが貼ってあるだけでも泥棒が近寄ってこなくなります。

警備会社における一般家庭向けのサービスはホームセキュリティと呼ばれていますが、家にセンサーを取り付け、センサーが反応したら警備員が自宅へ駆けつけてくれるようになっています。ここで注意したいのが、警備員は警官とは違い、泥棒を逮捕したり怪しい人を職務質問したりする権利を持っていないということです。あくまで、家を守るためのサービスということは考慮に入れておきます。警備員が自宅に到着するまでの時間は、法律によって25分から30分以内でなければならないと定められています。到着にかかる時間は短いほどよいので、事前にきちんと確認しておくことが大切です。警備会社のサービスは、泥棒に入られたときの確認以外にも、ガスが漏れていた時の危険察知や、高齢者や病患者の緊急事態の時の駆けつけなどがあります。警備会社によって違いますが、さまざまなオプションが用意されています。